×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXレバレッジ

外国為替取引FXレバレッジとは?

少ない元手で大きな取引ができるのが、FXのメリットですが、反面大きなリスクも潜んでいます。その恐ろしさについても十分理解したうえで実際の外国為替取引を行っていくことにしましょう。レバレッジとは、「テコ」の意味を表しています。これは、小さな力で大きなものを動かすという意味で、レバレッジ取引と呼ばれています。レバレッジ取引において、代表的なものといえば、「株式信用取引」や「商品先物取引」になりますが、FXもその中の1つ。相場がいい方向へむかえば、元手に対する利益は急速に大きくなりますが、反面、相場が悪化すると損失も雪だるま式にふくらんでいくのが、「レバレッジ取引」の怖い面だといえます。損失が膨らみそうになったら早めの「損切り」をすることが懸命になってくるでしょう。

レバリッジにおける現物取引との比較

FXにおける、外国為替取引のレバレッジに関しては、大きなメリットとデメリットがあることを認識しておいてほしいですが、まずFXレバレッジのメリットとしては、なんといっても少ない投資で大きな取引が行えるといったところでしょう。FXレバレッジに関する、デメリットとしては、取引額が大きい。損失も大きいといったところです。例えば、1米ドル=100円の際に1万ドル買った場合、その後、10%の値下がりしたとします。その場合、商品先物取引や現物による取引であれば元手の90%が残りますが、FXのような外国為替取引の場合、元手が取引額の10分の1の保証金だけだと、あっという間に、ゼロになってしまうことになります。保証金が10分の1だと損失リスクも10倍になるということです。

自動ロスカットで損失を限定

為替差損が保証金よりも大きくなると、FXの取扱会社によっては「追加保証金(追加証拠金)」を請求されます。損失を穴埋めしないと、借金として残ることになるからです。最近では、損失によって維持保証金が少なくなると、自動的に「損切り」を行うシステムを多くのFX取扱会社が導入しています。取扱会社によって名称は異なりますが、「自動ロスカット」などと呼ばれるシステムです。たとえば、保証金3万円で1万米ドルの「買いポジション」を建てた後、相場が3円値下がりすると、3円x1万=3万円の損失となります。損失によって3万円の保証金がゼロとなるので、自動的にすべてのポジションが解消され、それ以上は、損失が広がらないように防いでくれる仕組みです。FX会社を選ぶときは、「自動ロスカット」が導入されているFX会社を選ぶことをおすすめします。